lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
2009年4月1日新登場! 歯を洗う歯ブラシを洗浄 ブラシグリーン(blush_green)
歯ブラシを洗う 洗浄液ブラシグリーン 関連話
特殊酵素 Q&A集

名前

歯ブラシ店長

メモ

成分・試験報告 国の証明書はこちら

> 8キレイの原動力はこちら。

超高齢化社会はすぐそこまでやってきました。 21世紀後半には40%とダントツ高齢化社会の先頭を走る日本も、介護制度が崩壊、医療費負担増加に歯止めがかからず、介護者不足と、人間の尊厳維持の対応に息詰まっています。サービス付高齢者向け住宅に舵をきるものの、高齢者をコストとした考えのままでは、本来の問題解決には程遠い現状があります また大腸がんが増加していることは、お漬物のページでご紹介しましたが、とにかくもう来年の2015年には男女とも3大死亡要因のトップになり、20万人が亡くなるという予想があります。すでに女性は大腸がんがトップ。 我々は、病院のメスなど、高度な洗浄が必要な分野で 業務用向けに開発された製品を一般向けに改良、口内菌の住処(バイオフィルム)を高度に分解する商品「つけといて」として2007年2月から販売開始しています。
これにより、自宅でできる口腔ケアが進み、病気予防=医療費の削減に繋がればと考えます。
実際に使用して頂けると解るのですが、 入れ歯や歯ブラシについたタンパク質や 菌の温床であるヌメリを簡単に、高性能に落としていきます。
自信をもってお勧めします。 ぜひ 一度お試しください。


店長日記はこちら

業務用現場!

●院内感染根絶へ終わりなき戦い
●増える薬剤 耐性菌

上記タイトルを見出しにした新聞記事を見たときには、衝撃が走りました。
大阪の大学病院で、厳格にマニュアルどおり洗浄したにも関わらず患者4名に感染。原因はわずかなブラシの磨き残しに緑膿菌がいた。

糸ようじ、小さなブラシ愛媛県の病院では、パソコン9台中5台のマウスから菌を検出。パソコン操作後、消毒をし忘れたことが要因。

「もったいないからエプロンを表裏使っている」
「忙しくて手袋やエプロンは変えられない」

中小の病院で聞かれた言葉。

院内感染防止は病院の最優先課題ながら、売上げに繋がらないコストはかけにくいということ。業務用事例 動物病院、ゴルフ場の循環温泉、リネン洗浄、歯科器具洗浄

プロであっても手や指の衛生の徹底しかないのです。

我々の業務用製品は、リネン洗浄、循環風呂、内視鏡洗浄などに利用されています。濃くすれば分解時間は早くなりますが、コストパフォーマンスの良い希釈倍率を見つけ出します。

上記作業を施術直後に実施し、菌の培地を取り除くことで、後の工程である超音波洗浄や滅菌処理などを、より複合的で殺菌効果の高い処理にすることが可能になります。

 

緑膿菌:

台所などの水周りにもある普通の菌。
健康な人には発症しない。免疫力が落ちた人が感染すると死亡する事例がある。
厚生労働省 研究班が調査した結果、中核的な医療施設538のうち約86%でこの菌が検出された。








 

記事トピック一覧

8キレイの原動力 高齢化社会は健康寿命でぴんぴんころり 8きれいトップへ戻る ほんとどうする?国民所得の約10.71%が医療費 。40兆目前 元凶を絶ち、時間、コストを最小化。口は災いの元 健康は歯からが常識に。歯ブラシで感染予防! 生き物(栄養)と水分があるところ バイオフィルムあり 業務用現場! 歯を洗うブラシを守るブラシグリーン 微生物 除菌持続力テスト(業務用商品) 特殊酵素の仕組み(働き) タンパク質分解(ゼラチン皮膜剥離)の実験 感染症から歯医者、技工士を守れ!