lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
2009年4月1日新登場! 歯を洗う歯ブラシを洗浄 ブラシグリーン(blush_green)
歯ブラシを洗う 洗浄液ブラシグリーン 関連話
特殊酵素 Q&A集

名前

歯ブラシ店長

メモ

成分・試験報告 国の証明書はこちら

> 8キレイの原動力はこちら。

超高齢化社会はすぐそこまでやってきました。 21世紀後半には40%とダントツ高齢化社会の先頭を走る日本も、介護制度が崩壊、医療費負担増加に歯止めがかからず、介護者不足と、人間の尊厳維持の対応に息詰まっています。サービス付高齢者向け住宅に舵をきるものの、高齢者をコストとした考えのままでは、本来の問題解決には程遠い現状があります また大腸がんが増加していることは、お漬物のページでご紹介しましたが、とにかくもう来年の2015年には男女とも3大死亡要因のトップになり、20万人が亡くなるという予想があります。すでに女性は大腸がんがトップ。 我々は、病院のメスなど、高度な洗浄が必要な分野で 業務用向けに開発された製品を一般向けに改良、口内菌の住処(バイオフィルム)を高度に分解する商品「つけといて」として2007年2月から販売開始しています。
これにより、自宅でできる口腔ケアが進み、病気予防=医療費の削減に繋がればと考えます。
実際に使用して頂けると解るのですが、 入れ歯や歯ブラシについたタンパク質や 菌の温床であるヌメリを簡単に、高性能に落としていきます。
自信をもってお勧めします。 ぜひ 一度お試しください。


店長日記はこちら

赤ちゃん肌 よみがえれ!!これからの十年後の綺麗なお肌は今つくられます。

美の泉 入るだけで赤ちゃん肌に 無色透明+化粧水入りの酵素風呂

 

無色透明、無香料、化粧水入りの酵素風呂

産まれたばかりの赤ちゃんもOK!つかるだけで老廃物を取り除き、美人肌をつくります。
酵素風呂 第一人者による、体と家計に優しい次世代のお風呂が完成しました!!

気が滅入ってしまうお肌のシミ。その要因は今年の日焼けだけが要因ではありません。シミやくすみは何十年前から積もった老廃物などの汚れ、細胞や汗腺の詰まりなど、新陳代謝が衰えためにおこる現象とされています。

ゴシゴシ洗い禁止 お風呂

1 実は「お風呂でのゴシゴシ洗い」が、要因のひとつとされているのをご存知でしょうか?

2012年12月。体と家計に優しいお勧めの入浴液が出来ました。
その名も美の泉

美の泉は、無色透明、無香料の酵素風呂。たった1日2プッシュで産まれたばかりの赤ちゃんから、乾燥肌・シミ・加齢臭が気になる方、ペットのお風呂まで、湯船につかるだけでキレイに優しく老化した角質(老廃物)を取り除きます。こすらないので角質を傷つけません。さらに化粧水機能も付加していますので、保湿性もばっちり。

つかるだけで体が洗えるメリットはたくさんあります。寒がりの人、にきびやアトピー肌などのトラブルを抱えている方、ご両親の介護風呂などでご苦労されている方、さらにはペット洗いの負荷も大幅に軽減します。何よりも河川への汚染の心配がなく、水の節約にも繋がります。

お風呂はつかるだけでキレイに 酵素風呂のイメージ

2 汚れはどこにいくのでしょうか?

酵素分解された汚れはお湯に溶け込みます。
さらに人に再付着しない特性があります。

浴槽とお湯が接する部分(喫水線)に汚れの線が入る場合がありますが、水で簡単に落ちていきます。ヌルヌルが溜まらないので、滑って転んでスッテンコロリ!と頭を打つ心配もなくなります。2人程度のお風呂では、酵素パワーが翌日も続き、2日目の追いだきしたお風呂でもヌメリは溜まらないでしょう。積もった汚れも毎日入ることで解消されていきます

お風呂のお湯は洗濯にも使えますので棄てないで

無色透明、無香料なので、お風呂のお湯は棄てず、ぜひ洗濯にお使いください。

洗濯洗剤も25−40度のお湯が洗浄力が高まる温度とされています。
寒い冬の洗濯を節約と快適にしてしまいましょう。
これらの効果は、たった1日2プッシュ、お風呂に入れたその日から、酵素浴を体感できます。お試しサンプル(有料)もありますので、ぜひ一度 美の泉をお試しください。

 

 

3 お風呂ってなにするところ

ある雑誌の調査によると、半数の女の子が日々、シャワーだけで過ごしているようです。理由は面倒だから。さらに残業で夜遅くなってからのお風呂で睡眠を削りたくないというのが上位を占めています。

シャワーだけでお風呂をすましている女性が多い

何かと時間に追われる現代人は大変。
でもせっかく入ったお風呂なのに、あなた自身のお風呂タイムがくさーいニオイや、肌荒れ、シミ、乾燥肌の要因だとしたらどうしますか?

その前に、昔のお風呂はどうだったのでしょうか?

歴史をたどると、原点は蒸気の力で体を洗ったとされており、主に衛生上や宗教的観念から体を清め清潔にすることが目的だったようです。 近年のバスタイムは、癒し空間としての比重が増え、防水対応にしたスマートフォンやタブレットを持ち込み、音楽を聞く人、電子書籍を楽しむ人など、思い思いのリラックスタイムを過ごす人が増えているようです。

 

体を綺麗にし、疲れをとる癒しの空間、お風呂・・・

我々はそれらに加え、バスタイムを「未来の健康」と「美を育む」重要な空間と位置づけています。

それはどういう意味でしょうか?


4 お風呂グッズで大事なバリアを破壊してしまう?

日本は湿気が多く、ホコリが皮膚につきやすい国と言われます。

さらに紫外線や花粉の影響、中国大陸からの黄砂など、様々な外部要因から、日々皮膚は刺激を受けています

季節ごとにみてみると、夏は新陳代謝が活発で、汗をたっぷりかきます。肌が潤った状態が続くと、雑菌を繁殖させ、アセモ、ニキビなどのトラブルに繋がります。台所の三角コーナー同様、湿った場所はとくかく要注意です。

秋から冬にかけては、暖房で空気が乾燥するため、乾燥肌で悩む人が増える時期です。
本格的な冬には、寒さから身体の毛細血管が縮まり、栄養が全体に行き渡りにくくなります

 

人間はすごい!

と感心するのは、そんな過酷な環境から肌を守るために、産まれつき肌表面にバリアが備わっていること。セラミドと呼ばれ、角質の中にあります。

残念なことは、日々のお風呂タイムでそれを壊している可能性があること。特に今のお風呂グッズはある意味、汚れや脂質が落ちすぎる傾向があって、誤った使い方などで先ほどの大事なバリアを破壊してしまうものがあるというのです。

さらに年齢を重ねるほど、加齢臭を嫌って、ゴジゴシ洗いが増える傾向があること。さらにさらに、熱すぎるお風呂が好きな方は男性に多いように思えますが、それがまた、肌への刺激になっていることはあまり知られていません。

そもそも、お風呂で柔らかくなったお肌。これをゴジゴシ洗うから、バリアまで取れてしまう。本来、不要になった角質は自然にはがれるもの。だから30歳を越えたら石けんはいらないぐらいとアドバイスされるお医者さんもいます。

 


5 ゴシゴシ洗いをするとどうなるの?

そもそもゴジゴシ洗いの何がいけないのでしょうか。

皮膚の断面図 角質層はとっても薄いのでゴシゴシ洗いで破壊しがち

体の表面を覆っている皮膚(生きた細胞)はわずか1mmから2mmの厚さ
その外側にあるのが角質層。この角質層は合計で14層ありますが、全部合わせて0.02mmという薄さ。その中のセラミドという特殊な脂質がバリアの役割を果たし、水やその他の物質の浸入を阻止しています。

14層のそれぞれは、たんぱく質でくっついているのですが、本来は一番上にある老化した角質(デスモソーム)だけを分解し、落とせばいいのです。これをせっけん(アルカリ)やタオルでこするのですが、ゴシゴシやってしまうと、0.02mmの下にある生きた細胞を刺激してしまうのです。

ミクロの世界から観ると、「汚れたら洗う」「臭いからフタをする」という考え方は対処療法であり、そもそも問題を解決していません。「強烈な薬剤で菌を殺す」「香水で臭いをごまかす」のではなく、「汚れの元を断つ(菌の培地 ヌルヌルをつくらない)」「汚れにくい状態にする(バリアを破壊しない)」ことが、東洋の共生の考え方であり、最短でコストがかからない方策なのです。

古い角質だけを取り除けばお肌美人

 

6 しっとりきめ細かな赤ちゃん肌を得るには?

しっとりきめ細やかで、整った生まれたての赤ちゃんのようなお肌。

これを得るためにいったい何が必要なのでしょうか?

 

じつは単純明快。酵素のお風呂につかるだけです。それだけで汚れは十分に落ちていきます。お風呂の中でお肌を軽くなでると実感できます。

ご存じの方もおられるかもしれませんが、2000年に登場した酵素風呂が、体洗いの常識を変えてくれました。いえ、正確には1986年、医薬部外品を取得したgahlsenという酵素風呂が誕生したのですが、当時まったく売れていませんでした。

知名度があがったのはその14年後。2000年、ある人が雑誌で見つけた外国の露天風呂写真とタイトル「癒しのとき」にヒントを得て、この商品を伊丹発「癒しの湯」として世に出し、ヒットさせたことが酵素風呂のはじまりとされています。

パパイン由来酵素によるタンパク質分解の凄さは、今やたくさんの商品が名前を変えて出ていますので、インターネットで検索して効果効能をご覧ください。

我々は、ある人、2000年に酵素風呂を初めて世に出した第一人者が、この度、長年追い求めた次世代の酵素風呂が完成したことをお伝えしたいのです。

ちなみに、酵素風呂がなぜ汚れた皮膚だけを分解して、バリアを分解しないのでしょうか。

それは自然界の酵素は、本来の肌が持つ防御機能、油脂成分のバリアを突き抜けられないのです。もし油を突き抜けようとすると、界面活性剤の力を借りる必要があるのです。

 


7 無色透明、無香料の酵素風呂 美の泉 特徴

いやしの泉は、パパイン酵素と分子の細かい水の融合で、死んだ細胞だけを分解します。そして仕上げは化粧水。保湿成分を肌にまとうので、ポカポカが長持ちします。

<酵素風呂 + エネルギー水(分子が細かい) + 化粧水 = 美の泉>

酵素風呂では汚れの線が見えます。

たった2プッシュで老廃物きれいに

  • 無色透明、無香料(お洗濯にも使えてきっちり節約)
  • 酵素が長持ち(最初から水と混ざって出荷。消費期限 2年)
  • 液体状だから溶けやすい。個別包装していないから環境に優しい。
  • ※粉末が多いのは通常の酵素は、水と混ざって短時間で酵素効果がなくなるから
  • 汚れは分解されお風呂に溶け込みます。
  • 汚れは他人につかず、お風呂も汚れない。

  • (洗剤の種類も減らせてお風呂場すっきり)
  • 生きた肌は活性化、死んだ肌を分解。
    湯あかやバイオフィルムも分解 (細胞や汗腺の詰まりも綺麗に)
  • 入浴するだけで保湿(化粧水をした)状態。
  • 乾燥肌や、肌荒れが気になる方、敏感お肌、デリケート肌、冷え性、かゆみ肌の人に。さらに同じお湯でペット洗いにも。
  • 中高年の加齢臭を抑制(高齢者の体臭の原因の一つノネナール)
  • 水道水に含まれる残留塩素の除去(体がピリピリ、チクチクする人にも優しい。)

 

<デメリット>

分解にかかる10分間が退屈、夏は辛い。

風呂で体を洗っていた時間をどうしよう。きれい好きで通っていたのに、烏の行水といわれそうなことでしょうか。

※髪の毛や化粧は従来どおり洗ってください。出来れば石けんやクレンジングやシャンプーを使った後、お風呂には入らないでください。本来、有機物だけでは浴槽は汚れにくくなっていますが、せっけんがついたままお風呂に入るとせっけんと垢が化学反応してお風呂が汚れやすくなります。