lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
2009年4月1日新登場! 歯を洗う歯ブラシを洗浄 ブラシグリーン(blush_green)
歯ブラシを洗う 洗浄液ブラシグリーン 関連話
特殊酵素 Q&A集

名前

歯ブラシ店長

メモ

成分・試験報告 国の証明書はこちら

> 8キレイの原動力はこちら。

超高齢化社会の到来!!です。世界の高齢化社会先頭を走る日本も、年金や介護制度が崩壊、医療費負担増加に歯止めがかからず、介護者不足と、人間の尊厳維持の対応に息詰まっています。
サービス付高齢者向け住宅に舵をきるものの、高齢者をコストとした考えのままでは、本来の問題解決には程遠い現状があります。

癌になる人は 2人に1人とされ、1/3が亡くなる現代。


患者数は計99万5132人、内訳 男性56万6575人、女性42万8499人。三大死亡要因のトップの癌の中でも、男女を合わせた罹患数は大腸、胃、肺、乳房、前立腺のトップ。15万8000人と言われています。特に 女性は死亡数が多い順に、大腸、肺、すい臓であり、注意が必要です。

我々は、次の2種を扱っています。

<1.外側からケア>身体が触れる=栄養源=菌の温床です。我々は病院のメスなど、高度な洗浄が必要な分野で業務用向けに開発された製品を一般向けに改良、菌の住処(バイオフィルム)を高度に分解する商品「Natuo」を開発。
自宅でできる衛生管理として口腔ケアや身近な衛生管理が進み、病気予防=医療費の削減に繋がればと考えます。

<2.内部からのケア> 医療を劇的に変えると言われる腸内フローラ。我々は歴史ある胃腸病院が扱うフルーツ漬物で腸内フローラ−−>腸内をお花畑化することで、体の免疫の7割を担うとされる腸を良くすることで、体調不良、糖尿、癌、肥満、風邪、花粉症などに対抗出来ればと考えています。


実際に使用して頂けると解るのですが、 入れ歯や歯ブラシについたタンパク質や 菌の温床であるヌメリを簡単に、高性能に落としていきます。
自信をもってお勧めします。 ぜひ 一度お試しください。


店長日記はこちら

菌と戦う 業務用バイオ酵素洗浄液 志おん(しおん)(100ml)
型番 shion100v1
販売価格 5,500円(税込)
在庫数 在庫 1 個 売切れ間近!
購入数
ギフトオプション

オプションの在庫・価格の詳細はコチラ



PDFはこちらから

ついに業務用も少量販売開始!


一般向けとして先行販売中のNatuoですが、ついにその業務用、分解時間が早くなったより高性能なプロ向けの洗浄液を販売開始します!

こちらは少量版です。お得な大容量(1リットル)バージョンをお探しの方はこちらをご参照くださいませ
水分と栄養があるところ、菌は存在する!
入れ歯や歯ブラシはもちろん、日々手や顔で触れるスマートホン、顔に接触するメガネ、イヤリングやネックレス、衣類・・・、食器を洗う台所のスポンジ、風呂場や排水口、トイレ便器や、便座、ウォシュレットのノズル、一眼レフのレンズやボディなど有機物で汚染された手垢などのタンパク汚れ、ヌルヌルのバイオフィルムを簡単に、安全に除去します。


まったく新しい 酵素 試してみませんか?


<お掃除からの解放?! 水分・栄養あるところに 汚れあり!>


汚れなかったら どんなに楽でしょうか?
炊飯ジャー洗濯機のお陰で、私たちの家事はうんと楽になり、
今やお掃除分野も AIロボットが進化をし続けています。

最初は 腰が重い私ですが、なぜか綺麗になった後は
心も体もリフレッシュして気持ち良くなります。
世の中には トイレの神様に会って
これ以上べっぴんさんにして欲しい欲張りな女性も多いようで...(笑)

  • ちなみに有名な京都祇園祭の前日には お神輿のお清めをしているようで
    洗い清める 儀式的意味もあるお掃除は面白いですね。

  • もうひとつ、ディズニーランドでは、毎日水洗いしていて、オープン当時の美しさを保つをモットーにお掃除しています。さらには雨でもタオルなどを使って、椅子の下も手すりも拭いて、子供にケガさせる要素を、究極まで排除すべく努力しています。


前置きが長くなりましたが、今の時代でも お掃除を圧倒的ラクにする方法があります。

 

結論からいえば「 シオン」を使うことです。

プロの技 効果抜群なのに、 圧倒的簡単&すぐ扱えます。

しかも「災害地」でも大活躍します。
ちなみに、今はどんな洗剤をお使いでしょうか?

 

<普段お使いの洗剤、こんなトラブルありませんか?>



  • 洗ったのにトイレが臭う

  • 液体の薬品臭が気になる

  • ゆすぎに大量の水を使う

  • 肌荒れ、手荒れが心配

  • 廃液に気を使う

  • 色落ちが心配

  • 手袋が必要、混ぜるな危険(使い方が難しい)

  • アルコールを部屋にまくのは火事が心配

  • 風呂や台所、トイレごとに、いくつも洗剤が必要で、お金がかかる


<全く新しい万能洗浄液>



  • 自然の叡智と、人間の智慧を結集した芸術品(感染症対策を目的に開発され世代を超えて完成)

  • プロの技を簡単お手軽に(水で希釈して、拭くだけ。つけ置き、ぬるま湯効果アップ)

  • 洗剤集約お部屋が広く(設置場所を取らない、 高濃縮で万能)

  • 希釈する水質を選ばない(水道水以外もOK、 硬水、軟水、海水、選ばず災害時にも有効)

  • 掃除が楽になり 喜ばれて お金が貯まる洗剤を1種類に集約できる)

  • 排水が海を綺麗にする(SDGS時代の安心安全、サステナブル)

  • 業務用での洗浄実績が豊富(医療業務用の手術器具、人工透析器具、循環温泉、血液、リネン、入れ歯、歯ブラシ、掃除専門業者)


 

<万が一の災害の備えに>


今後、数十年以内に起こるとされる首都直下型自身、南海トラフ地震など
マグニチュード8、9クラスに対する 万が一の備えはありますか?

直接の地震は最も怖いですが、その二次災害としての最大死因、肺炎を存じでしょうか?

緊張や恐怖、ケガなどによる唾液の減少、飲み水優先でうがいに回せる水が減少
口腔衛生が悪くなり、謝って肺に食べ物+菌が入る誤嚥性肺炎が、大きな社会問題となっています。
(阪神淡路大震災の災害関連死は、死者6,434人のうち1,000人ほどが認定、その24%が肺炎

同様に、血液や体液など、衣類などの栄養源に菌がやってきます
感染症のもっとも簡単なルートは傷口です。免疫が働かず血液経由で
体の中に一気に入ってゆくのです。

災害時には、歯ブラシ、入れ歯洗浄、下着洗浄、様々な栄養源に対して
感染対策常備が必要になってきます。

我々の酵素は、水道水以外でも希釈液として利用できますので、海水でも大丈夫です。

 

<内容成分について>


アルコールや塩素、界面活性剤ベースに、香り成分を付加したものが多い中、
シオンは全く新しい 特殊酵素と除菌剤、天然の界面活性剤で構成されています。

*医療の感染症対策を目的に大阪で産まれ、業務用途での歴史が20年以上あります。

入れ歯や歯ブラシ、歯間ブラシはもちろん、日々手や顔で触れるスマートホン、
顔に接触するメガネ、イヤリングやネックレス、衣類・・・、食器を洗う台所のスポンジ、
風呂場や排水口、トイレ便器や、便座、ウォシュレットのノズル、一眼レフのレンズやボディなど
有機物で汚染された手垢などのタンパク汚れ、ヌルヌルのバイオフィルムぬめりを簡単に、安全に除去します。

人間誰しもが関わるお掃除ですが、神社仏閣や、国宝級の古い建築物、施設の洗浄にも本液が使用されております。

 

<全く新しい洗浄液が完成>


汚れの多くは、人から出た有機物が要因。
トイレは人の排泄物、台所まな板は、食材の汚れ、風呂は人の垢、壁が黒ずむのは、手が触れるところ
血液あるところに、栄養あり。つまり菌がくる・・・ご承知の通り、汚れのほとんど全てに人が 介在しているのです。

これには天然の酵素が有効!が、製造が難しく、日持ちしないのが常識でした。

ケミカルと異なり、天然だからこその製造の難しさがあり
開発に5年以上かかり、その後も安定化に時間がかかりましたが、
初期の開発者からバトンが繋がり、なんとか日の目を浴びることができました。

特殊なこの酵素洗浄液は、タンパク質、油脂を高度に分解します。

混ぜるな危険がなく手荒れの心配や、排水が海水を汚さない
引火生がないなど、SDGS時代に合った、天然資源と人間の叡智の合体技で産まれた
まったく新しい多目的に使える特殊酵素洗浄液です。

アルコールは揮発性&引火生があるので、乾けば効力がなくなる
風通しの悪いところでは火事のリスクもあります。

 

<特殊酵素の弱 点>


化学と異なるため、即効性はありません

といっても、止血しなければ命の危険がある救急救命のような

10分待てない状況でしたら、化学をお選びください

ある種、治療行為と似ているように思えます。

良くも悪くもコロナで明確になった西洋医療は即効性を活かして、救急・救命だけに特化して、
東洋医療 つまり、漢方・発酵などの自然を活かし自分の身体でじっくり治す
免疫医療をメインとすることが理想のような気がしています。

きつい化学薬品を使うと、その部位が溶けて、一見綺麗になりますが、表面を拡大すると、ガタガタになってより汚れが溜まりやすくなります。まるで歯を研磨剤で磨きすぎる虫歯になるように、便秘薬を多用しすぎると便秘になるように、自然界に存在しない化学はほどほどの付き合いが必要だと感じます。

 

<用途に関して>


一般洗剤のようなトイレ用や、お風呂用、台所用など、適用場所は選ばず
1本であらゆるジャンルにお使い頂けます。数百倍の高濃縮で使用するから
保管場所を最小限に出来ます。

使い方は簡単。水で200倍程度に薄めて 汚れた部位に10分つけるだけ。
長くつける分には構いませんし、濃い分には支障ありません

水質も硬水、軟水、海水、選びません。

 

<触れるものこそ使ってほしい>


スマホやタブレット表面は、トイレの便座以上の汚さと言われています。
ぜひ定期的にふいてみてください。パソコン本体はもちろん、キーボード表面や、
マウスなど手触りが変わります。表面のたんぱく汚れが落ちるからサラッとなります。

また清掃が面倒な 精密機械にもお使い頂けます。
湿らせた布地でカメラボディや、レンズ、液晶表面など
部位ごとに、洗浄液を変える必要がありません

個人的な実験では、Panasonic Lumix GH5,GH4,G7,12-35mmレンズ、
Olympus Proレンズ12−100mmで 5年以上使用し、特殊コーティングされたレンズ表面含めて、
問題ありませんでした。バッテリー端子接点の汚れにも有効でした。

*タンパク由来、油脂由来、そもそも錆びる材質 が使用されている場合は、使えません。
*ご不安な場合のご使用はおやめくださいませ。
*全ての用途での使用を保証しません。当社では洗浄液を使用した故障など、いっさい弁償、補償いたしません
狭いエリアでテスト洗浄し、問題ないことを確認し、メイン領域に広げてください。

 

<入れ歯、歯ブラシ>


新品初日であっても、歯ブラシや入れ歯には菌が付着します。
入れ歯や歯ブラシ用途なら一晩つけて、利用前にすすぐだけ
水溶液は3日から5日、汚れに応じて交換頂ければ、水溶液が長持ちします。

上記の通り、災害地などの二次災害で、圧倒的に多い死因 「誤嚥性肺炎」
これは水が枯渇し、飲料優先で ゆすぎなどに使用できず口内が不衛生になるから。
本来は入れ歯、歯ブラシ、そして口内を清潔にすることが大切なんです。

姉妹品として、特化した「歯ブラシ洗浄液」あり。
口に入れても大丈夫な製品でAmazonなどで当社のベストセラーになっています。

 

<トイレ>


大勢、不特定多数が利用する施設のトイレでも、尿臭さが気にならなくなります。
器の中は、泡ボトル容器に入れて 泡スプレー。外側は、液に浸したタオルで拭いて、拭き取るだけ。

汚れたエリアが広ければ、水をバケツに入れて、5、6プッシュ
混ぜて泡立ちを確認した後、モップやタオルをつけて、汚れたエリアを洗います。

フローリングや、窓も使えます。
もちろん手荒れはなく混ぜる危険もありません

 

<作 用>


人から出た汚れ、菌の栄養源である血液、タンパク質、油分高度に分解していきます。

本物のプラチナといった貴金属の汚れは高度に分解する一方で、
真珠、シルク繊維や、真珠、べっこうなどタンパク質材質にはお使い頂けません。

古い入れ歯など鉄との合金で作られたものもあるので、水で錆びる材質が混じる製品には
ご注意が必要です。稀に入れ歯など、赤い色素、タンパク由来のもので染める場合は色落ちする場合があります。

代わりのない貴重なもの高額なものなら、小エリアで短時間、お試し頂いてからご利用ください
水よりもお湯の方がさらに分解能力があがります。

*材質不明で、ご不安な場合は、当社へ相談頂くか、ご利用をお控えください。
*当社では補償ができません。

 

<なぜ臭うのでしょうか?>


汚れる要因の多くは「人」「食材」そして「菌」関係しています。
*ウィルスと菌は別物です。

例えば トイレの臭いは、人の排泄物=栄養であり
お風呂の洗いにくい水垢汚れは 人の垢、タンパク、皮脂などに、
洗剤・シャンプーなどの界面活性剤が混じり、湯気で全体に回ることが要因とされています。

とにかく栄養源あるところに、菌が集まり、菌が生活を始める。
その生活臭がクサい要因になっていたのです。
それに化学が関係する・・・

汚れの元を取らず殺菌剤や除菌剤を塗布すると、むしろ汚れは取れなくなります。

 

食中毒が一般家庭で起こりにくい要因


同様に、食中毒の多くは、手に付着する菌や、包丁やまな板に残った菌が要因です。

大量に買った食材を切り分けた後、冷蔵保管。
後日取り出して、一部をトリミングして利用するのですが、食材やまな板、包丁に
菌が付着していて、特に加熱しない生ものなどで食中毒を起こすというもの。

だから 冷蔵庫が小さい家庭では起こりにくく、お店では頻発するのですね。

この例で解るように、冷凍保存で菌は 死なず、動きがゆったりになるだけ。
彼らの適温になれば、また活発に活動を始めるのです。

菌を殺そうとするから凶暴化する。菌の栄養を無くせば菌とも共生できるのです!

清掃は綺麗にする者の精神が問われていると思っています。

―以 上―
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける