lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
2009年4月1日新登場! 歯を洗う歯ブラシを洗浄 ブラシグリーン(blush_green)
歯ブラシを洗う 洗浄液ブラシグリーン 関連話
特殊酵素 Q&A集

名前

歯ブラシ店長

メモ

成分・試験報告 国の証明書はこちら

> 8キレイの原動力はこちら。

超高齢化社会の到来!!です。世界の高齢化社会先頭を走る日本も、年金や介護制度が崩壊、医療費負担増加に歯止めがかからず、介護者不足と、人間の尊厳維持の対応に息詰まっています。
サービス付高齢者向け住宅に舵をきるものの、高齢者をコストとした考えのままでは、本来の問題解決には程遠い現状があります。

癌になる人は 2人に1人とされ、1/3が亡くなる現代。


患者数は計99万5132人、内訳 男性56万6575人、女性42万8499人。三大死亡要因のトップの癌の中でも、男女を合わせた罹患数は大腸、胃、肺、乳房、前立腺のトップ。15万8000人と言われています。特に 女性は死亡数が多い順に、大腸、肺、すい臓であり、注意が必要です。

我々は、次の2種を扱っています。

<1.外側からケア>身体が触れる=栄養源=菌の温床です。我々は病院のメスなど、高度な洗浄が必要な分野で業務用向けに開発された製品を一般向けに改良、菌の住処(バイオフィルム)を高度に分解する商品「Natuo」を開発。
自宅でできる衛生管理として口腔ケアや身近な衛生管理が進み、病気予防=医療費の削減に繋がればと考えます。

<2.内部からのケア> 医療を劇的に変えると言われる腸内フローラ。我々は歴史ある胃腸病院が扱うフルーツ漬物で腸内フローラ−−>腸内をお花畑化することで、体の免疫の7割を担うとされる腸を良くすることで、体調不良、糖尿、癌、肥満、風邪、花粉症などに対抗出来ればと考えています。


実際に使用して頂けると解るのですが、 入れ歯や歯ブラシについたタンパク質や 菌の温床であるヌメリを簡単に、高性能に落としていきます。
自信をもってお勧めします。 ぜひ 一度お試しください。


店長日記はこちら

菌と戦う 業務用バイオ酵素洗浄液 志おん(しおん)(100ml)
型番 shion100v1
販売価格 5,500円(税込)
購入数
ギフトオプション

オプションの価格詳細はコチラ


ついに業務用も少量販売開始!

一般向けとして先行販売中のNatuoですが、ついにその業務用、分解時間が早くなったより高性能なプロ向けの洗浄液を販売開始します!

こちらは少量版です。お得な大容量(1リットル)バージョンをお探しの方はこちらをご参照くださいませ
水分と栄養があるところ、菌は存在する!
入れ歯や歯ブラシはもちろん、日々手や顔で触れるスマートホン、顔に接触するメガネ、イヤリングやネックレス、衣類・・・、食器を洗う台所のスポンジ、風呂場や排水口、トイレ便器や、便座、ウォシュレットのノズル、一眼レフのレンズやボディなど有機物で汚染された手垢などのタンパク汚れ、ヌルヌルのバイオフィルムを簡単に、安全に除去します。


小画像1





院内感染など感染症対策が開発コンセプト!
理容室やフェリー会社、歯科などに納めさせていただいている当社業務用の洗浄液ですが、
お掃除のプロにもお選び頂いています。


<志おん 業務用洗浄液の特徴>

一般向け酵素洗浄液 Natuoの5倍 強力!なプロ向けの洗浄液が登場しました!

お掃除のプロが教えたくない 「業務用バイオ酵素洗浄液 志・をん( しおん)」

人間誰しもが関わるお掃除ですが、神社仏閣や、国宝級の古い建築物、宗教法人などの施設の洗浄にも本液が使用されております。

掃除のプロの視点は、汚れの浄化。
良い資材と技術を組合せをしつつ、特に気持ちを大事にして浄化作業を担っているという認識でお仕事をされておられます。

このことが値段競争に入らず、お客さんとの良質な関係を維持でき、良い循環を生みます。
お掃除のプロによれば、この洗浄液は手荒れがないことや、色が落ちたり変形するリスクのある化学洗剤を使ってはいけないシーンで、性能、機能とも満足頂ける状態で活躍していること。 我々の洗浄液を素晴らしい精神を持つ方に使って頂き嬉しく思いました。

今回、掃除をご担当している施設から、小売りしてほしいとの要望があり、今回、ひっそりと販売を開始します。


<そもそも 汚れとは何か?>
人間の皮脂汚れや体液が、触れた部位に付着し、そこに栄養があるがために菌が集まってきます。

これが黒ずみなどの変色を起こします。ワイシャツなどのえり汚れがわかりやすいでしょう。

同様に、包丁、まな板とった食材をカットする道具も同じ現象です。
特に牛肉や豚肉などの動物性たんぱくや血液が触れるところから汚れるのも同じ原理です。

悪臭は、この汚れ(菌から見れば栄養源ですが)に集まってきた
菌の営みで排出されると理解すると良いでしょう。

一般的な洗剤による洗浄
悪臭を別の香りでごまかしたり、菌を殺す強烈な洗剤を使用して解決を図ります。
が、香り成分が揮発すれば匂いは戻ります。業者側としては、繰り返し買ってもらうためにはちょうど良いかもしれません。

また、苛性ソーダや塩素など、強烈な洗剤は、菌だけでなく、その周辺の変色や溶かしたり、排水すれば環境汚染などの副作用も引き起こすリスクがあります。
ちなみに国内でも苛性ソーダは免許制になり、業務利用かつ免許証などの身分証明が必要にあっています。

汚れは一般的に、ある程度時間が経過すると、有機物から石などの無機質に変化します。こうなると削るしか、この汚れを剥ぎ取ることができなくなってしまうのです。

これはたとえば、口の中の歯で考えるとわかりやすいでしょう。
歯についた食べ物が、歯垢になり、やがて歯石に変わって、あのドリルでガリガリして削るしかなくなります。

削らない場合でも、高圧洗浄や、汚れをその周辺ごと溶かすような液体を流し込む 強引な対策しかなくなります。この強引な対処療法には問題があり、削られた場所には、さらに汚れがつきやすくなるのです。

これも歯に例えると、削った部位は、食べかすが残りやすく、歯を磨きにくくなり、また虫歯菌が集まり、虫歯を誘発するのです。糖尿病治療で虫歯をチェックされるように、歯周病菌が血液に混じると全身に流れ、血流を悪くし、最悪は心臓疾患やがんなど、いろんな病気を引き起こすから注意が必要です。


では、人類は汚れに対してもっとよい対策はないのでしょうか。実は、有機物の間は、つまり歯垢の間は、まだ対策があるのです。

小画像2



その前に一つ、人間と微生物との関係を見てみましょう。
例えば、菌を殺そうとすると、彼らも生活があるので、進化してゆきます。ウィルスは生物でないため表現が難しいですが、菌は変異して、抗生物質の攻撃が効かなくなる様、進化してゆきます。まさに人間とお薬との病気との戦いに似ています。

でもちょっと考えてみてください。ヒントは最初にあったのです。

菌を殺すのではなく、菌は栄養に集まっている ということに。

つまり、栄養をなくせば、自然と菌はいなくなるのです。
こうすれば,彼らを刺激せず、防御するひつようもないので 変異することもありません。

<弱点は洗浄時間>
では科学薬品と、この酵素の違いはなんでしょうか?
一言でいえば、科学は即効性。酵素は水とあってはじめて働き始め、多少の分解時間が必要です。もっとも医療向けには数分で活躍するレベルの高いものがありますが、科学は液体に触れた瞬間、化学反応するので、それには勝てません。

我々の酵素は、混ぜるな危険が発生することもありません。

これも病気に例えられると思います。
西洋医療は、止血などの救急救命に。東洋は体を温めてじっくり自身の免疫を強くして病に勝つといった棲み分けでしょうか。


内科や外科、歯科といった病院の院内感染対策や、スーパー銭湯やフェリー客船など、循環風呂からの誤嚥性肺炎を守り、20年以上の歴史がある洗浄液。元は医療用に開発され、院内感染を防止するために使用されていました。

医療用の治療器具は、使用後、専門業者が引き取る廃棄(ディスポーザー)タイプもありますが、高額なものも多く、洗浄、除菌、滅菌、抗菌などの工程を経て、再利用します。

もちろんその理由は、感染症対策。確実に洗浄しなければ、次の患者さんを治療するどころか、菌を移植することになります。特に病気をもった方の血液や体液は感染力が強く、取り扱いは慎重にする必要があります。つまり汚れを完全になくすことは、感染症対策として、鉄則。トラブルはあってはいけない行為になります。

同様に、食中毒が飲食店でなくならない様に、水分と栄養があるところ、菌は存在します。これも、家庭では起こりづらく、お店で起こりやすいのは、食材を大量に買って長期利用するから。手で触れた部分をトリミングしきれず、菌が広がるケースがほとんどです。

この業務用の洗浄液は、当社が扱う洗浄液の中でももっともレベルが高いものです。中身の成分も一部異なりますが、効果は原則、同じです。一般向けと異なるのは、分解スピードです。

例えば入れ歯洗浄の場合は、就寝時に、つけておくことができますのでスピードはあまり重視されません。

マニュアル


入れ歯や歯ブラシ、歯間ブラシはもちろん、日々手や顔で触れるスマートホン、顔に接触するメガネ、イヤリングやネックレス、衣類・・・、食器を洗う台所のスポンジ、風呂場や排水口、トイレ便器や、便座、ウォシュレットのノズル、一眼レフのレンズやボディなど有機物で汚染された手垢などのタンパク汚れ、ヌルヌルのバイオフィルムを簡単に、安全に除去します。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける